FC2ブログ
- Salsa/Mambo/Bachata/Merengue/Reggaeton -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5/4 満員御礼

先日のYokohama Latin Festival 2009の後記を書こうかと思ったらDJのRONさんがほぼ書きたかったことを書いてくれているので、まずはそちらをご覧ください。(写真付きで見やすくて僕が書くよりよっぽどきれいにまとまっていると思います)

LATIN SIDE "EL INCREIBLE " (5/5の記事)→写真転載させて頂きました



では、違った角度から5/4の出来事を順を追って。



15:00頃 レンタル機材屋さんでmomoさんと待ち合わせ


15:30頃 FIREへ到着。
すでにcamaci+m.s.s(カマシ+モシダーヂ・サンバ・システムと読みます)のメンバーが来ていて、機材の運搬を手伝ってくれる。大人数なので搬入もすぐに終わりました。助かりました。


15:45頃 スタッフ到着。(みんな忙しい中、本当にありがとう)
機材の設営、机・イスの移動、更衣室の設営、タイムテーブルの貼り付けなどを依頼。


16:30頃 LOS KALIBRES到着。
IKUZOのQue Viva La Salsa!

アーチストって感じで、ガラの悪い不良たちが登場。空気もガラっと変わりました。(かっこいい~!)


DJ T-Rod.さんも到着。T-Rod.の兄貴がいると心強い。


camaci+m.s.sリハ開始。
あまりの大音量と迫力に度肝を抜かれる。


LOS KALIBRESリハ開始。
一見不良の兄ちゃんたちだけど(ごめん)、やっぱりコイツらすげえ!


DJ Hermanaさん到着。える姐さんの顔を見て少し落ち着きを取り戻す。


17:00頃 AGEHA到着。かわいい女の子を見てさらに心が安らぐ。


と思ったらここで当局の方がやってくる。(が~ん)

「責任者の方は?」

中学生の頃からお世話になっているので、落ち着いて(?)対応。

どうやらサンバのリハの時に通報が入ったらしく、事情長州力(笑)

会場の上が住居になっているらしい。そら~苦情言うわな。

当局の方も事情はわかってくれて、中止にしろとは言わないが、我々も通報が入ったらまた来ざるをえない。音量を小さくするなどうまく対処してほしいとの指導を受ける。

お店の方、ご近所の方のためにも私たちのためにも防音対策よろしくお願いします。

そんなこんなで30分くらい。AGEHAのリハを見れなかったのが心残り。


17:30頃 DJ sayakaさん到着。

DJ機材がないと話にならないので、これでひと安心。


17:45頃 お客さんが何人か来ていたので、開場。

まさき(ち)&もっちも到着。お客さんがいる中で急いでリハをすます。
(さすが海外で何度もPFしてるだけあって、落ち着いたもんだ)


18:00頃 ボチボチとお客さんが集まり始める。


18:10頃 ボンゴ奏者のShaqueさん到着。


18:15- レッスン開始。
今回はサルサをやったことがない人もいると思ったので、そういう方がサルサ・カリビアン音楽のDJタイムに少しでも踊れるようにとメレンゲ、バチャータ、サルサの基本をKEIKO先生の協力のもとにやらせていただきました。いつもオアシスのレッスンでリズムサポートをしてくれているShaqueさんにもボンゴと足クラーベをお願いしました。
みなさんのおかげで楽しいレッスンとなりました。
本当はHermanaさんにお願いしてた曲があったのだけれど、かけてもらうの忘れた。(ごめん、えるさん)


18:45- DJタイム(Hermana/T-Rod.)
この辺はえるさんがしっかりと空気を読んでくれて、レッスン後のフリータイムといういつものサルサイベントっぽく始まりました。
たっぷり1時間あったので、存分に踊っていただけたのではないでしょうか。その間、自分が何をしていたのかよく憶えていない。


19:50- サルサパフォ(まさき(ち)&もっち/AGEHA)
■まさき(ち)&もっち

IKUZOのQue Viva La Salsa!
お二人とは、2005年にKEIKOさんと組んで出場したSHJ主催の第4回日本サルサペアコンペティションで知り合いました。そのときにお二人が踊ったナンバーをひと目見て気に入り、いつか自分のイベントでPFしてもらいたいと心に決めていました。ちなみに彼らはその年のWorld Salsa Championshipのon2部門日本代表。我々もプロ部門で入賞は果たすが、代表には選ばれず。それは私がヘボだったから。KEIKOさんがもっと上手い人と組んでいれば代表を勝ち取っていたはず(KEIKOりんごめんよう)。その後も彼らはPFを精力的に行い、毎年ペアコンへも出場している。ペアコンは参加費を支払う上に入賞しても賞金も出ない。海外への渡航費などもすべて自腹。にもかかわらず彼らは出場を続けている。そのひたむきさには頭が下がる。その努力はPFにきっちりと表われ、息の合った安定感のあるPFは非常にハイレベルで、もう遠く手の届かない存在になってしまった。
今回もJAZZYなナンバーをまさき(ち)&もっちの世界観で作りあげている。こういうのもサルサなんだ!って驚いてた人も沢山いました。今後もますます躍進して、我々を楽しませていただきたいです。

動画はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=uPwOU5d2jgU


■AGEHA
IKUZOのQue Viva La Salsa!
KEIKOさんは東京で活躍されているトップインストラクターの一人。女性らしさとダイナミックさをあわせもった素晴らしいダンサーでもあります。そんな彼女とは元チームメイトというだけで、レッスンを紹介してもらったり、パフォーマンスの場を与えてもらったり、また今回のように自分のイベントに出演していただいたりと仲良くさせていただいております(いつもありがとう)。今回は1月に女の子を産んでからの復帰第一弾のパフォです。
AGEHAのメンバーはRIEちゃんをはじめ知り合いも多く、パフォも結成当初から見続けています。当初(4~5年前)は発表会レベルでしたが(ごめんね)、今や女性群舞のチームとしては日本で一番だと私は思います。KEIKOイズムが全員に行き渡り、全体的なレベルのムラがないです。何よりスゴイのは彼女たちの体つきが変わってきたこと。いわゆるダンサーのそれになってきています(どんだけのレッスンしてんだ!?)。このナンバーもかわいくて、本当に蝶々が舞ってたみたいでその場がパっと明るくなりました!

動画はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=1mYWhetNcEU


20:00- LOS KALIBRESレゲトンライブ

IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!
EL NANDO LANDO DANIELの3人やってくれました。そして紹介し忘れちゃったけどDJ PUNCHOもありがとう!上手い!楽しい!本物!ロスカリ最高でした!
ロスカリのライブを初めて見たのはSUNDAY LATINOというイベントの時でした。ラップのスキルとセンス、DANIELのきれいな歌声、3人のバランスのよさ、どれをとっても素晴らしく、いつか横浜でもLIVEをやってほしいなと思っていました。EL NANDOは元々FLOOR MASTERS(今回協賛のSIXTEPの母体であるブレイクダンスチーム。今回もサークル作ってました!)のラッパーだったので、フロマスの紹介で会ったことがありました。LANDOとはやはりフロマスの紹介でマリポサで会ったのが初めてかな。LANDOはHermanaさんとも仲良しなので、その後もサルサ・バチャータのイベントでも何度か会いました。けどさすがに3人揃ってライブしてもらうとなるとねぇ~。そこで今回のイベントでロスカリも呼びたいな~とT-Rod.さんに話したらすぐにブッキングしてくれました。OK出たと聞いたときは嬉しくて、嬉しくて。T-Rod.さん、Hermanaさん、フロマスをはじめ、みんなの思いが偶然通じたとしか思えません。そんな思いを会場の人みんながわかってくれたのか、1曲目からお客さんもノリノリ、ロスカリもアゲアゲ、イベントも一気に盛り上がり、クラブイベント色を強めていくのでありました。
もうすぐ新しいアルバムも発売されるとのこと。今後も彼らの活動は要CHECKです。
(※今回ライブの映像を撮り忘れてしまいました。あの熱気を少しでもお伝えしたいので、どなたか映像をお持ちの方がいらっしゃったら送ってください。)


20:40頃 押し気味でDJタイム(T-Rod./Hermana/sayaka)
IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!
1人1曲交代でつないでいくBack to Backのコーナー。テーマは「酒と泪と男と女」。今回のDJの方たちには絶大な信頼を置いているので、すべて任せっきり。遊び心ある企画は聞いているほうも楽しい。ネタも豊富。時間が短くなってしまってすみません。


21:15- カポエィラ・テンポ
IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!
確か2005年の由比ガ浜のサルサイベントの時だったと思う。すぐ脇の海の家で鎌倉のカフェ「ディモンシュ」主催のイベントで彼らのショーを見た!衝撃的だった!すぐさまインターネットで調べて西新宿のレッスンを受けに行った(そのころはKEIKOさんとのペアコンの練習で今より10kg痩せていたからね)。何回か通ったけど、所詮ブレイクダンスも続かなかった自分がカポエィラを続けられるはずもなく、結局忙しさを理由に行かなくなってしまった。
時は経って2009年。どういう訳か今回ブラジルの方たちとのコラボイベント。DJには双方2人と3人、ライブにはサンバとレゲトン。ダンスは・・・サルサだけ!?うーん、何かバランス悪いな(普通なら十分だけどね)。そうだ竜太さんのカポエィラいいな!でもな~、出てくれんのかな~。で、またまたT-Rod.さんに相談。
私「カポエィラどうかな?」
T「お!カポエィラいいね!」
私「でも出てくれんのかな?」
T「とりあえず連絡してみれば?」
このひと押しで勇気出て、おそるおそるダメ元で連絡してみましたよ。
「スケジュールいっぱいですけど、とりあえずメールで詳細ください」と丁寧に対応してくださいました。
数日後にOKの返事きましたよ。またまた狂喜乱舞!
あとは、見ていただいたとおりです。
やっぱりカポエィラ・テンポすげえ~!
みんなの嬉しそうな顔。あの時勇気出して連絡して本当によかった。

動画はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=8o4cZhyPdJk

          http://www.youtube.com/watch?v=oJ-cYQsYqDM

          http://www.youtube.com/watch?v=Ga1omh4EIMA


21:30頃 ブラジルDJタイム(pooh/中原仁)
IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!
カポエィラですっかりフロアも最高潮に盛り上がっていたので、ブラジルのDJさんたちもアウェーではありますが、スっと入っていただけたのではないかと思います。サルサのお客さんも最初とまどいつつも、ブラジル音楽のよさとSUNAOさんの先導によりクラブダンスに馴染んでいったようです。
poohさんの選曲は黒ノリでかっこよかったですね!フロアマスターズも曲のかっこよさにつられてか、カポエィラの刺激もあってか、サークルを作って盛り上げてくれました。ロスカリも踊ってたね!
中原仁さんの選曲もアゲアゲで素晴らしかった!途中いい曲だな~と思って近づいていったら「これは、サルサンバってタイトルなんだよ」って教えてくれました。
時間が押しているのをすっかり忘れて、サンバのライブを時間どおりに始めようとしたため、仁さんのDJタイムが少なくなってしまったのは私の責任です。あんな間近で仁さんのプレイを見れることは大変貴重なのにもかかわらず、どうもすみませんでした。
今回カポエィラのショーに目が奪われるのはもちろんのことなのですが、中原仁さんがいなければカポエィラ・テンポも出演してくれたかどうかわからないし、camaciさんたちのサンバライブも実現しなかったかもしれません。サルサのDJ陣さえ、ここまで揃わなかったかもしれません。それほど中原仁さんの影響力は絶大です。このたびご一緒させていただいたことを心から感謝したいです。


22:20- camaci+m.s.sサンバライブ
IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!
camcaciさんかっこいい~!声がいい、顔がいい、歌ってるときの容姿が素敵。
m.s.sの演奏もド迫力でお腹と脳髄に響いて気持ちいい~!
ステップ踏みながらの演奏も見てて楽しい~!
それなのに途中で終わらせちゃってごめんなさーい。当局の方が仕方なく?本日2度目のご指導に来られてしまったものですから。今度は防音対策をバッチリして心置きなく演奏を楽しみたいです。ああいうサンバのライブを始めて見る人もいて、すごいよかった!もっと聞きたかった!とみんなから言われました。彼らは文化体育館そばのバハカォンというお店にいます。よかったら遊びに行ってみてね。
Barracao da mocidade

(※こちらもライブ映像がありません。どなたか撮っている方がいらっしゃったら送ってください)


22:40頃 DJタイム(T-Rod./sayaka)
IKUZOのQue Viva La Salsa!
ここからラストスパート。東京から来ている方も多く、チラホラと帰りだす方もいたが、すでにフロアは完全にクラブモード。本来クラブはこうでなくっちゃね。こうなってくるとT-Rod.さんの本領発揮。力も抜けて?いい感じの選曲。ようやく自分も曲に耳を傾ける余裕も出てくる。中でもとりわけ好きな曲がかかったので、えるさんと踊る。
結局、この日踊ったのはえるさん含め3人だけ。次回からはもうちょっと自分に余裕が欲しいところ。このDJタイムの後半のsayakaさんのプレイもほとんど聞けず、みなさんをお見送りしたのでした。


24:00頃 イベント終了

お店のスタッフが足りなくてカウンターに人が並んでいたり、お酒がなくなってしまったり、当局の方のご指導が都合4回あったりしたものの、曲が止まったり、マイクの音が出なかったりなどの大きなトラブルもなく無事にイベント終了。
フェジョアーダを食べて(美味かった)、スタッフとバイバイして、お店の人に挨拶をして、店を出た。なんとなく外の風に当たりたかったので、関内まで歩く。途中ファミレスでコーヒーを飲んで1時間ほど休んでタクシーで帰宅。時計は午前2時を回っていた。そのまま興奮状態で朝まで眠れず。まさに夢のような一夜であった。


今回のイベントは自分がこんなイベントあったら楽しいだろうなというところからすべてが始まった。だからブラジル関係の方にしてもサルサ・ラテン関係の方にしても自分が観たい、聴きたいと思う方に出演してもらった。ましてやブラジル界から中原仁さんが来るとあっては、サルサ・ラテン関係も最高の布陣で臨まないといけないという気負いもない訳ではなかった(みんなも感じたと思うけど、ブラジル勢の層の厚さはおそるべし。私の気負いも理解していただけるかと)。各出演者が期待通り、いや期待以上の最高のパフォーマンスをしてくれた。スタッフもそれをサポートしてくれた。お客さんもそれに応えてくれた。それはお客さん一人一人の表情を見て感じていただけたと思う。前売りもほとんど売れず、出足も鈍く、どうなることかと思われたが、終わってみればお店のお酒がなくなるほど、超満員の大盛況!
みなさま本当にありがとうございました。また来年よろしくお願いします!

IKUZOのQue Viva La Salsa!  IKUZOのQue Viva La Salsa!

いくぞう



5/4のイベントのことがブログでとりあげられています。

中原仁のCOTIDIANO 』 

みんなと竜太のカポエィラブログ 』 



[ 2009/05/11 12:28 ] Event | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter
IKUZO Lesson
毎月第4土曜日@Night FIRE 18:00-19:00 Bachata Merengue Salsa(ON1) 19:00-20:00 Salsa(ON2)
Event Information
LATIN WORLD@Night FIRE 毎月第4土曜日 18:00-24:00  入場無料
Profile

IKUZO

Author:IKUZO
[Salsa Instructor/DJ]
Sex:Male
Blood Type:B

Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Access Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
7342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動画
120位
アクセスランキングを見る>>
Counter
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。